/

VWグループ主導の自動運転研究プロジェクトが始動

日経テクノロジーオンライン

ドイツVolkswagenグループは2017年9月14日、欧州の自動車研究コンソーシアムにおいて、同グループが主導する研究プロジェクト「L3Pilot」が始まったと発表した。

この研究は、欧州の道路上における自動運転に焦点を当てる。自動車メーカーや部品メーカー、大学、研究機関、中小企業が、実際の広範囲の条件下で「レベル3」および「レベル4」の自動運転システムを試験する。試験は欧州11カ国で実施し、一般道で1000人の運転者と100台の自動運転車を使う。

今回のプロジェクトには、駐車や追い越し、複雑な都市部の運転など、幅広い技術テストが含まれる。技術面での試験の他、「ユーザーが自動運転をどのように受け止めるか」、「運転行動や旅程に影響するか」など、交通や社会に及ぼす影響を評価する。プロジェクトの成果は、将来のモビリティーを実現するための包括的なプラットフォームの構築に役立てる。

技術開発と並行して、自動運転のレベルによる自動車メーカーと運転者の責任分担や、道路交通規制に重点をおいた法的条件なども分析する。

このプロジェクトは今後4年間にわたって実施する。予算は6800万ユーロで、EU(欧州連合)が3600万ユーロを支援する。

(日経テクノロジーオンライン 櫛谷さえ子)

[日経テクノロジーオンライン 2017年9月19日掲載]

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン