/

車椅子「通れたマップ」作成へ、スマホで情報収集

日経コンストラクション

国土交通省は、車椅子使用者などが街中で移動できるルートを示す「通れたマップ」の作成に向け、民間の障害者支援団体と協力してスマートフォン(スマホ)で移動情報を収集する実証実験を行う。車椅子使用者が実際に通ることのできた軌跡を集め、地図上に表示する。

(資料:国土交通省)

実証実験に協力するのは、国交省が公募で選んだ「WheeLog!プロジェクト」。同プロジェクトではスマホ用のアプリ「WheeLog!」を使って、車椅子使用者が自身の通行したルートや車椅子対応のトイレの有無などの情報を投稿し、登録メンバー同士で共有している。

今後、国交省は車椅子使用者の団体に呼び掛けるなどして協力者を募る。アプリを使ってもらい、スマホに内蔵されたGPS(全地球測位システム)などで取得した軌跡データの精度を検証する。さらに協力者にアンケート調査も実施し、アプリの使い勝手などを確認する。

実証実験は2017年10月から12月にかけて、主に東京23区内を対象に行う。精度を確認したうえで、東京五輪が開催される2020年を目標に「通れたマップ」の作成を進める方針だ。東京五輪では、空港から競技場へ向かうバリアフリー経路を示すといった活用が見込まれている。

[日経コンストラクションWeb版 2017年9月19日掲載]

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン