スペシャル

フォローする

宮里藍「自分らしい」パーパット 涙と笑顔の終幕
エビアン選手権 32位

2017/9/18 2:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

競技人生の最後のプレーは「自分らしい」と表現した1メートル強のパーパットだった。これを沈めると、こみ上げる涙…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

ゴルフコラム

スコアアップヘ

関連キーワード

電子版トップスポーツトップ

スペシャル 一覧

フォローする
畑岡は参戦2年目の米ツアーで目覚ましい飛躍を遂げた=共同共同

 ゴルフ界で、海外を主戦場とする選手が増えている。2019年、米ツアーでは日本人男子初のメジャー制覇を狙う松山英樹(26)が参戦6年目。18年春に米ツアー初優勝を飾った小平智(29)は2季目で真価が問 …続き (1/2)

 あと一歩だった。1日に閉幕した米女子ゴルフのメジャー第3戦、全米女子プロ選手権(イリノイ州)で、首位と9打差の23位から出た畑岡奈紗(19)は8アンダー、64と猛追。朴城炫、柳簫然の韓国勢と通算10 …続き (2018/7/2)

 日本でプレーしながら、海外志向をたびたび口にしてきた。憧れのツアーで小平が好機を呼び込み、栄冠をつかんだ。6打差12位からの大逆転劇。「(米ツアーは)目指していた舞台なので本当にうれしい」。満面に笑 …続き (2018/4/16)

ハイライト・スポーツ

会員権相場情報

[PR]