東芝「決められない経営」、原因は人材育成にあり 編集委員 西條都夫

(1/2ページ)
2017/9/19 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東芝のメモリー事業の売却先決定がまたも先送りになった。最初はいわゆる日米韓連合が有力視され、次に米ウエスタンデジタル陣営が浮上し、直近では再び日米韓連合が優位に立ったといわれる。ふらついてばかりの東芝の軌跡を好意的に解釈すれば「両陣営をてんびんにかけ、少しでも有利な条件を引き出す交渉上の戦術」といえなくもないが、それよりも貴重な時間を浪費するマイナスのほうが大きいだろう。

9月14日付の日経産業…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]