/

この記事は会員限定です

アフターピル、やはり買えないの? 緊急避妊薬めぐる攻防

[有料会員限定]

避妊に失敗した女性が、事後的に妊娠を避けられる緊急避妊薬(アフターピル)の薬局販売の先送りが濃厚だ。米国や英国など先進国の多くで市販薬として売られているが、日本ではまだ医師の処方が必要。厚生労働省の検討会では「欧米より性教育が進んでいない」として市販化を退けたが、女性たちの声との乖離(かいり)もある。11日からは消費者の意見を募るパブリックコメントの募集が始まっている。

効果は72時間 病院にいけない

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3405文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン