2017年11月21日(火)

ソフトバンク、5Gの要素技術「Massive MIMO」を強化

BP速報
2017/9/14 23:00
保存
共有
印刷
その他

ITpro

 ソフトバンクは2017年9月13日、5Gの要素技術「Massive MIMO(Multi-Input Multi-Output)」を強化した「Massive MIMO 2.0」を9月22日に導入すると発表した。

 ソフトバンクのテクノロジーユニット モバイル技術統括 モバイルネットワーク本部 野田真本部長は、「Massive MIMOは一般的には5Gの要素技術ではあるが、ソフトバンクは4Gに投入する」と話す。Massive MIMOは、電波の指向性を高めてビームを形成しユーザーごとに放射することで、人が密集する場所でも速度低下を防ぐ技術だ。

 「Massive MIMO 2.0」は、一度に利用できる2.5GHz帯の帯域幅を、現在の20MHzから1.5倍の30MHzに拡大した。「世界で初めて3.5GHz帯にも対応」(野田本部長)したという。

 「Massive MIMO 2.0」のほか、「Distributed MIMO」「MultiUser MIMO」「UL MultiUser MIMO」も導入する。

 「Distributed MIMO」は、クラウドを使って複数の基地局を仮想的に1つの基地局として運用し、電波の使用効率を高める技術だ。

 「MultiUser MIMO」は、今ある基地局のアンテナ構成を変えることなく、最大4つのレイヤーを構築することができる。下り通信時に速度の低下を防ぐ。「UL MultiUser MIMO」はMultiUser MIMOを上り回線に適用する技術だ。

今回新たに導入した技術のうちの一つである「Massive MIMO 2.0」

今回新たに導入した技術のうちの一つである「Massive MIMO 2.0」

 質疑応答で「ソフトバンクは人が密集する場所でのトラフィックを防ぐ技術に力を入れているのか」という質問に対し、野田本部長は「そうだ。毎秒500メガビットなど最高スピードを追い求めるのではなく、低速になってしまうユーザーの割合を極力減らすことを目指す」と答えた。

 毎秒30メガビットほどのスピードが出ていればユーザーはスマホでストレスなく動画を見ることができるが、毎秒3メガビットを切るとストレスを感じるため、人の混雑時でも通信速度が低下する頻度を減らすことが重要だとした。

(日経コンピュータ 田中陽菜)

[ITpro 2017年9月13日掲載]

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

関連キーワードで検索

政府ソフトバンクグループ野田真要素技術

日経BPの関連記事



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報