時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,618,064億円
  • 東証2部 75,323億円
  • ジャスダック 99,021億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.27倍 --
株価収益率15.39倍16.18倍
株式益回り6.49%6.17%
配当利回り1.87% 1.87%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 24,023.10 +598.29
日経平均先物(円)
大取,20/03月 ※
23,960 +560

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「鈴木亮の視界亮行」[映像あり]

12月13日(金)14:20

官房長官 英総選挙「日系企業の円滑なビジネス継続を」[映像あり]

経財相 設備投資堅調「持続的成長の実現に期待」

12月13日(金)13:00

[PR]

マーケットニュース

フォローする

ダイナミックインディア(十字路)

2017/9/15 11:30
保存
共有
印刷
その他

英国から独立して70周年を迎えたインドを訪問し、独立記念日にモディ首相の演説を聴く機会があった。そこで再認識したのが同国が抱えるブラックマネー問題である。

インド経済の約半分は、政府が資金の流れを把握できない現金ベースの活動とされ、その規模は1兆ドル(約110兆円)にも上る。

昨年11月に米国でトランプ氏が新大統領に選ばれた当日、モディ首相は事前予告なしで高額紙幣の廃止を発表した。市中に流通する紙幣の9割弱を年末までに使えなくするという前代未聞の政策だ。

古い紙幣は銀行に持ち込み、自分の口座に入金するか、新紙幣との交換を余儀なくされた。2兆ルピー(約3.4兆円)の現金が回収され、銀行口座数も急増したという。

インド政府はデジタル社会の構築にもまい進する。現金決済を極力廃止し、口座を通じた電子決済で資金の移動を透明化する。それにより横行する脱税を撲滅すると同時に、汚職を徹底的に排除する狙いがある。現金決済が主流のインドでは、役人による賄賂の要求が常態化し、貧困層に支給される補助金も、役人によるピンハネの温床になってきた。

切り札とするのが、前政権時に導入されたアーダールと呼ばれる生体認証によるマイナンバー制度だ。補助金申請や教育、医療サービスを受給するにはこの登録が必要で、モディ政権になって全人口の9割にまで普及した。デジタル技術を使い、国民の経済活動を全て把握しようとしている。銀行口座の利用が普及すれば賄賂もなくなる。

キャッシュレス化により地下経済を透明にし、脱税と汚職を排除する。増えた財源を教育や衛生施設など社会基盤の整備に充てる狙いだ。インドは平均年齢27歳の「若い国」。スマホに抵抗がない世代が主導する経済のダイナミズムが、インドにはある。

(住友商事グローバルリサーチ社長 高井裕之)

マーケットニュースをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップマーケットトップ

マーケットニュース 一覧

フォローする

読まれたコラム