/

この記事は会員限定です

永田町アンプラグド 河野氏の英語力 外務省で受けないワケ

[有料会員限定]

8月の内閣改造で唯一のサプライズ人事となった河野太郎氏の外相起用。「自分の色を出すよりはやるべきことをやれるようになることが大事」との控えめな本人の発言とは裏腹に、すでに独自色の発揮にも意欲を見せる。そんな河野外交に対し、外務省内には意外な心配も出ている。

「応答要領も英語にしてもらわないと」。米国仕込みの英語力で知られる河野氏が就任早々、こんな指示を出すと外務省に困惑が広がった。外相が外国要人と...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1645文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン