/

この記事は会員限定です

メルケル氏にみる宰相の資質とは

[有料会員限定]

北朝鮮の核とミサイル開発問題。国連安保理が制裁決議しましたが、北朝鮮の指導者を翻意させることは困難です。

敢えて火中の栗を拾う

一方、アメリカのドナルド・トランプ大統領の意向も不透明です。なんとも困ったことですが、敢(あ)えて火中の栗を拾うような発言をした人がいます。ドイツのアンゲラ・メルケル首相です。9月10日付のドイツの新聞のインタビューに答えて、「もし交渉への参加が求められれば、すぐにでも...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1291文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ジャーナリストで東京工業大学特命教授の池上彰(いけがみ・あきら)さんの連載コラムです。経済や教養、若者の学び方や生き方、さまざまなニュースや旬のテーマを、池上さん独自の視点・語り口で掲載します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン