2019年7月19日(金)

チームニッポン大変革

フォローする

ドーピング違反に刑事罰導入は是か非か
編集委員 北川和徳

(1/2ページ)
2017/9/15 6:30
保存
共有
印刷
その他

わが国で初めてのドーピング防止法が次の臨時国会でようやく成立する見通しだ。欧米各国ではアスリートのドーピング違反を国の法律によって処罰する動きが広がっているが、日本では刑事罰の導入は見送られた。海外からトップアスリートが大挙して来日する2020年東京五輪・パラリンピックに向けては、ドーピング摘発のために必要な個人情報などを各国のアンチ・ドーピング組織や司法、税関などと連携、共有できるようにして対応する構えだ。

「ドーピング=犯罪」というイメージを持つ人も多いが、ドーピングとの闘いは主に民間が担っている。国家が「違法行為」と定め、刑事罰の対象としなければドーピングは不正な行為であっても犯罪とはならない。そもそも本来は趣味や娯楽であったスポーツにおけるルール違反を、公権力によって摘発することはなじまないとする考え方もある。

陸上の世界選手権男子100メートルで優勝したガトリン。過去に2度のドーピング違反を犯しており、会場からブーイングを浴びた=共同

陸上の世界選手権男子100メートルで優勝したガトリン。過去に2度のドーピング違反を犯しており、会場からブーイングを浴びた=共同

国際オリンピック委員会(IOC)も世界反ドーピング機関(WADA)も、その傘下にある各国の反ドーピング組織、日本アンチ・ドーピング機構(JADA)もすべて民間組織。トップアスリートの居場所情報をアスリートの自己申告によって管理し、抜き打ち検査、競技会検査を実施して違反者を摘発、選手としての資格停止などの処分を下している。検査で陽性とならなくても、居場所情報で嘘をついたり検査を拒否したりするだけで処分の対象となる。

組織的な不正にどう対応?

だが、ドーピングがアスリート個人の行為でとどまっていればこうした従来のやり方で取り締まりが可能だが、コーチなど支援スタッフや医師、薬物の密売者らが組織的に関与するものとなれば捜査権のない民間では手に余る。一昨年にはロシアの国家ぐるみと疑われる大量のドーピング違反も発覚した。こうなると犯罪として対処するのが妥当だろう。組織的な不正の摘発には、家宅捜索や身柄拘束など公権力を行使した強制力を伴う犯罪捜査の手法が威力を発揮する。それには刑罰化が不可欠。それが現在、世界的にドーピングに刑事罰を科す動きが進んでいる背景にある。

11年前のトリノ五輪では、オーストリアのクロスカントリーとバイアスロンの選手に対する抜き打ち検査を実施する際に、ドーピングが違法であるイタリアの捜査当局が同行、宿舎の家宅捜索も実施して注射器や薬品を押収した事件も起きている。当時よりドーピングの手口はさらに組織化、巧妙化し、新しい薬物も次々と登場している。3年後に五輪を控える日本も法整備を含めた対応を急ぐ必要がある。

日本初のドーピング防止法案は今月下旬にも召集される臨時国会に提出される見込みだ。超党派のスポーツ議連による議員立法で、審議が始まれば可決は確実である。ただ、ドーピングを「違法」とはしても、刑罰・捜査など強力な公権力の行使については、法律施行後の検討事項とされた。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

五輪関連コラム

障害者スポーツコラム

電子版トップスポーツトップ

チームニッポン大変革 一覧

フォローする
設楽悠は2時間6分11秒で快走した

 低迷していた日本の男子マラソン界に2017~18年シーズン、明るい兆しが見えてきた。2月下旬の東京マラソンで設楽悠太(26、ホンダ)が2時間6分11秒と快走し、16年ぶりに日本記録を更新。井上大仁( …続き (2018/3/21)

小平奈緒選手の応援で長野県茅野市役所の会場に集まった人たち。パブリックビューイングは自治体が主体の場合のみ認められた=共同共同

 20年前の長野冬季五輪で最大のヒーローといえば、ノルディックスキーのジャンプで金2個を含む計3個のメダルを獲得した船木和喜(フィット)だった。当時22歳の船木はデサントの社員。高校卒業後の彼を同社が …続き (2018/3/7)

昨年12月のW杯1000メートルを世界新で制した小平奈緒(右)と2位の高木美帆。五輪でもこんなシーンがあるか=共同共同

 平昌冬季五輪がまもなく開幕する。北朝鮮の参加をめぐる影響やロシア勢のドーピング問題による混乱など、かつてないほどの不安要素を抱えているが、日本選手の活躍に関していえば見どころ満載で楽しめる大会となり …続き (2018/2/7)

ハイライト・スポーツ

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。