BPニュースセレクト

ダイムラー、20年までに「smart」をすべてEVに

2017/9/13 23:00
共有
保存
印刷
その他

日経テクノロジーオンライン

 ドイツDaimler(ダイムラー)は、小型乗用車ブランド「smart」を電気自動車(EV)に切り替えていく方針を発表した。現在はガソリン車が中心のsmartブランドの車両を、「2020年までに北米と欧州で発売する車両をすべてEVにする」(同社Chairman of the Board of ManagementのDieter Zetsche氏)計画だ。

Daimlerの小型乗用車ブランド「smart」
画像の拡大

Daimlerの小型乗用車ブランド「smart」

 「IAA2017(フランクフルトモーターショー2017)」(2017年9月12~24日)で発表した。現在はフランスRenaultがsmartに搭載するガソリンエンジンを供給している。smartのEV化によって、Renaultとの関係が変わりそうだ。

 DaimlerはsmartのEV化戦略と併せて、自動運転時代を見据えたsmartのEVコンセプト「vision EQ fortwo」を発表した。カーシェアリングに使うことを見据えた完全自動運転車である。車両寸法は全長2699×全幅1720×1535mmで、リチウムイオン電池の容量は30kWhである。

(日経テクノロジーオンライン 清水直茂)

[日経テクノロジーオンライン 2017年9月13日掲載]

共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

日経BPの関連記事

BPニュースセレクト 一覧

三菱ふそうが米国で発表した“世界初”の小型量産EVトラック「eCanter」

三菱ふそう、“世界初”の量産EVトラック

 ドイツDaimler傘下の三菱ふそうトラック・バスは2017年9月15日、「世界初」(同社)となる量産の小型電気自動車(EV)トラック「eCanter」を米国ニューヨーク市で発表した。日本での発表は…続き (6:00)

「Yθ型ねじ締めロボット」の外観(左)と位置補正カメラによる撮影画像(右)

最大10mmの位置ズレを10%以内に補正 ねじ締めロボ

 日東精工は、オプションで位置補正カメラの搭載が可能なねじ締めロボット「Yθ型ねじ締めロボット」を2017年10月1日に発売する。位置ズレを補正できるので、締め付け位置の精度が出づらいワークでも自動ね…続き (6:00)

「GeoMation 屋内位置把握ソリューション」のトヨタ自動車 元町工場における利用イメージ

トヨタ元町工場、人やモノの位置把握でロス低減

 日立ソリューションズ(本社東京)は2017年9月20日、トヨタ自動車の元町工場(愛知県豊田市)に人や物の位置を検知・可視化する「GeoMation 屋内位置把握ソリューション」を導入したと発表した。…続き (21日 23:00)

新着記事一覧

最近の記事

TechIn ピックアップ

09月22日(金)

  • EV化による国内自動車関連メーカーの明暗 厳しい時代迎える部品会社も
  • 攻撃者が狙うシステムの弱点は5つ
  • そこに「座る」だけでアニメのキャラクターと遊べる──ディズニーが開発した「マジックベンチ」の実力

日経産業新聞 ピックアップ2017年9月22日付

2017年9月22日付

・レシート、スマホで9割超読み取り、ISP
・薬副作用、iPSで予測 武田、早期に安全性見極め
・花火・海外挙式、VRで体感 近ツー、遠隔地に同時中継
・農作業の負担軽く、電動台車が自動追尾 中西金属工業
・抗がん剤を使いやすく、シンバイオ 米社技術導入…続き

関連媒体サイト