2017年11月23日(木)

キヤノン、新ビジネスの基盤となる小型カメラを発表

BP速報
2017/9/13 6:00
保存
共有
印刷
その他

日経テクノロジーオンライン

 キヤノンは、新事業での活用を目的に、小型のカメラモジュール「MM100-WS」を開発した。同社は現在、長年培ってきた光学技術やセンシング技術を生かして、新たなイメージング・ソリューション・ビジネスの提案に注力しており、その第1段階としてこのカメラモジュールを開発したという。

開発したカメラモジュールと新規ソリューションビジネス展開のイメージ。キヤノンのイメージ

開発したカメラモジュールと新規ソリューションビジネス展開のイメージ。キヤノンのイメージ

 開発したカメラモジュールは、本体の大きさが約40mm(幅)×21.6mm(奥行き)×40mm(高さ)と小型。1ルクス程度の低照度環境下でも撮影が可能。さらに、防じん・防滴性能や高い堅牢(けんろう)性へのニーズに応えるためのカスタマイズも可能にしたという。また、キヤノンは、ユーザーの要望に応じて、このカメラモジュールのAPI(Application Programming Interface)を公開予定で、ユーザーは幅広い用途で「MM100-WS」を活用できるとしている。

 今後、キヤノンは、このカメラモジュールの活用事例を各種展示会で紹介する予定。まず、次の3展示会に参考出品する。2017年9月15日~19日にオランダ・アムステルダムで開催の「IBC2017」、2017年10月11日~13日に東京都・国際展示場で開催の「テロ対策特殊装備展’17」、2017年11月15日~17日に千葉県・幕張メッセで開催の「Inter BEE 2017」である。

(日経テクノロジーオンライン 小島郁太郎)

[日経テクノロジーオンライン 2017年9月12日掲載]

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

関連キーワードで検索

キヤノンカメラモジュールビジネス

日経BPの関連記事



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報