スポーツ > Go20 > スペシャル > 記事

スペシャル

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

桐生、10秒の壁突破 偉業の陰に日本伝統の走法
飛脚の走りや「ナンバ」などヒントに

(1/2ページ)
2017/9/14 6:30
共有
保存
印刷
その他

 瀬古利彦、宗兄弟が活躍していたころから、マラソンで世界と戦う基準は42.195キロを「平均時速20キロ」で走りきるかどうか、といわれていた。

 対して男子100メートルは「最高時速40キロ」の戦いと表現することができる。スタートから加速し、瞬間的な最高スピードが時速40キロを超え、徐々に減速しながらゴールを迎える。世界記録保持者のウサイン・ボルト(ジャマイカ)は9秒58をマークしたレースで、驚異の最高時速44キロに達していたといわれる。

時速40キロ超えるスピード

日本学生対校陸上100メートル決勝で9秒98をマークし喜ぶ桐生=共同

日本学生対校陸上100メートル決勝で9秒98をマークし喜ぶ桐生=共同

 4年前の織田記念国際、京都・洛南高3年の17歳だった桐生祥秀(東洋大)は10秒01で100メートルを走った。そのレースの桐生は40~50メートル区間で時速41.94キロに達していたことがわかっている。人間が自身の脚で時速40キロを超えるスピードを出せた時点で、9秒台の領域に踏み入る必要条件はまずクリアしていたのだった。

 追い風1.8メートルという好条件で9秒98をマークした9月9日の日本学生対校陸上100メートル決勝。桐生がたたき出した最高時速は42キロを超えた。スタートダッシュの良い多田修平(関西学院大)に先行を許すのは想定内だったから、まるで慌てることなく追いかけ、追い抜いた。中間点をすぎて以降、最高スピードに到達している。2着多田が自己ベストを0秒01更新する10秒07。この多田の好タイムがある意味、これ以上ない踏み台となってかけっこ勝負を純粋に楽しんだ桐生に「10秒の壁」を飛び越えさせた。

 大学入学後は故障を繰り返してきた桐生が15年3月、米テキサス州でのレースで9秒87(追い風参考)をマークしている。レース映像をみると、桐生陣営が目指している理想の形がわかる。もちろん、3.3メートルの風を背に受けた効果が大きいのだが、やや前傾姿勢で重心を低く平行に保ち「すり足」風に脚を前へ、前へと置いていく。高校時代、ゴムまりがはねるように強く地面をたたいていたパワフルさはスタートダッシュに生かし、トップスピードに達するレース中間からは減速を最小限に抑えていく技術性の高い走りへと移行する。

すり足走法への理解深い指導者

 このすり足走法は、バルセロナ五輪400メートルファイナリストの高野進から前100メートル日本記録(10秒00)保持者の伊東浩司、パリ世界陸上200メートル銅メダルの末続慎吾と、東海大出身のスプリンターに受け継がれ、理論も磨き上げたもの。江戸時代の飛脚の走り、手足を左右同時に出す「ナンバ」などに想を得て練習法を編み出し、ともすると浮き上がろうとする体の重心をしっかり押さえつけ、上下のぶれなく前方に移動していく無駄のない動きを追究する。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

スペシャル 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

日本学生対校陸上100メートル決勝で9秒98をマークし喜ぶ桐生=共同共同

 瀬古利彦、宗兄弟が活躍していたころから、マラソンで世界と戦う基準は42.195キロを「平均時速20キロ」で走りきるかどうか、といわれていた。
 対して男子100メートルは「最高時速40キロ」の戦いと表 …続き (9/14)

個人種目別決勝のフープで銅メダルを獲得した皆川=共同共同

 決勝2種目目のボールに備えて練習している時に、吉報は飛び込んできた。無欲でつかんだ表彰台に、皆川は「すごくびっくりしているし、うれしい気持ちでいっぱい」と夢見心地だ。1番手で演技したフープ。予選で上 …続き (8/31)

表彰式で笑顔の奥原(右から2人目)=共同共同

 ドロップショットを相手が返球できずに初優勝が決まると、奥原は拳を握ってほえた。試合開始から1時間50分。歴史に残る激闘だった。「どんなにリードされても我慢して焦らず、次の1球、と落ち着いてできた」。 …続き (8/28)

ハイライト・スポーツ

[PR]