2018年5月20日(日)
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,825,198億円
  • 東証2部 99,110億円
  • ジャスダック 113,018億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.38倍 --
株価収益率15.16倍15.69倍
株式益回り6.59%6.37%
配当利回り1.57% 1.61%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,930.36 +91.99
日経平均先物(円)
大取,18/06月 ※
22,930 +90

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

鈴木亮の視界亮行[映像あり]

5月18日(金)14:19

食品や化粧品30社 外国語で情報簡単に[映像あり]

EU 輸入制限「無条件除外」なら対米通商協議検討

5月18日(金)13:00

[PR]

マーケット反射鏡

フォローする

株式、強気転換は早計か 上がらぬ物価が重荷に
編集委員 前田昌孝

2017/9/13 5:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 北朝鮮リスクが峠を越えたとの見方から、円高が一服し、日経平均株価が堅調さを取り戻している。米国の政府機関閉鎖やデフォルト(債務不履行)も当面、回避され、市場参加者の関心は再び景気や企業業績などのファンダメンタルズ(基礎的諸条件)に向かっている。ただ、株高基調に転じたとみるのは早計かもしれない。世界の物価上昇率が高まらないなかで今後、米利上げが困難になり、円高が進む要因になりかねない。

 国連安全保…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップマーケットトップ

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

相場と投資を読み解く

マーケット反射鏡 一覧

フォローする

新着記事一覧

読まれたコラム