/

この記事は会員限定です

東京芸大が学生をプロデュース 「食える」芸術家を育成

東北芸術工科大は画家の卵にビジネス知識

[有料会員限定]

芸術で身を立てられる学生を育てようと、芸術系の大学が学生への支援を強化している。東京芸術大学は、音楽学部の優秀な学生の演奏音源を音楽配信サービスなどを通じて世界に配信し始めた。私立美大の東北芸術工科大学(山形市)は2018年度、日本画や洋画などを学ぶ学生に作品を広く売り込むためのビジネス知識を教える新たな教育課程を導入する方針だ。「アートでは食べていけない」といわれる中で、各大学がきめ細かいキャ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1039文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン