メディア多様化時代の広告・広報戦略 上瀧和子氏
共同ピーアール チーフディレクター

2017/9/12 2:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

広告を縦糸、広報を横糸として精力的に情報発信し、事業機会を創出し、営業部隊が刈り取る。企業活動の大まかな流れだ。近年はIT(情報技術)化が進み、情報を媒介するメディアが一気に多様化した。ところが日ごろ情報発信をサポートする立場からみると、日本企業はそんな変化に対応しきれていない。

メディアによる客観的な価値判断というフィルターを介して消費者に情報を提供する「広報」の概念は、戦後にGHQ(連合国軍…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]