2019年6月20日(木)

人手不足の危機救う ゴミ処理、AIとIoTで効率化

(1/2ページ)
2017/10/25 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

建設現場で大量に発生するゴミの掃除、ゴミ収集車が運搬したゴミの選別、広域に点在するゴミの回収――。現在、ゴミ処理の現場では、人間が中心になって作業している。

しかし、高齢化に伴う離職や若手の獲得が難しく、人手不足が深刻化している。この状況を打開しようとAI(人工知能)やIoT(モノのインターネット)技術などを駆使して、ゴミ処理作業を省力化したり自動化したりするロボットや機器の開発が進んでいる。

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報