/

この記事は会員限定です

人手不足の危機救う ゴミ処理、AIとIoTで効率化

[有料会員限定]

建設現場で大量に発生するゴミの掃除、ゴミ収集車が運搬したゴミの選別、広域に点在するゴミの回収――。現在、ゴミ処理の現場では、人間が中心になって作業している。

しかし、高齢化に伴う離職や若手の獲得が難しく、人手不足が深刻化している。この状況を打開しようとAI(人工知能)やIoT(モノのインターネット)技術などを駆使して、ゴミ処理作業を省力化したり自動化したりするロボットや機器の開発が進んでいる。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3053文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン