/

LS北見、総合力で平昌五輪切符 カーリング女子

チーム創設8シーズン目

カーリング女子の平昌五輪日本代表はLS北見に決まった。中部電力との代表決定戦第4戦に9-5と快勝、対戦成績を3勝1敗として、五輪切符を獲得した。2006年トリノ五輪、10年バンクーバー五輪に出場した本橋麻里が、地元の北海道北見市常呂町に戻って、このクラブチームを立ち上げたのは10年夏のこと。創設8シーズン目にして、ついに五輪の舞台に到達した。

16年世界選手権で銀メダルを獲得したチームがこの日も地力の高さを見せつけた。第1エンド、中部電力のスキップ松村千秋が放ったショットが、LS北見が置いた2つのストーン(石)の間をすり抜けていく。ハウス(円)内から2つの石を同時に出すダブルテークアウトを狙って失敗する痛恨のミスだった。後攻だったLS北見は、スキップ藤沢五月がきっちり中央に石をコントロールしていきなり3点。主導権を握った。

「今日は氷が読めていた。(石を狙ったところに置く)ドローの感覚がよかったので、(石を外に出す)テークアウトでもいいところでも、ドローでいった」と藤沢は言う。派手なテークアウトが得意なイメージがあるが、今の藤沢は多くの引き出しの中から最適なものを選ぶ冷静さも持ち合わせる。第4エンドにも、円の中央にピタリと止めて2点。5-1と差を広げるとあとは余裕を持って試合を進めた。第10エンド、藤沢の最終投の前に中部電力がギブアップ。五輪出場を決めると、LS北見の選手たちの目にみるみる涙があふれた。

本橋、控えに回っても高い士気

チームの創設者であり、大黒柱であるはずの本橋は今回は控え。試合に出場することはなかった。「昨季のシーズン終了後にみんなで決めた。どのポジションでもできる、麻里のようなオールラウンドプレーヤーを控えにしたいという考えもあった。麻里はいつでも出られるように準備している」と小野寺亮二コーチは説明する。本橋が出産のため休養していた一昨季の、世界選手権2位メンバーに戻したわけだが、「麻里は今回も選手への声かけなどでいい仕事をしてくれた」と小野寺コーチ。今大会中も試合後に1人黙々と石を投げる本橋の姿があった。チーム最年長、31歳のママさん選手が縁の下に回りながらも明るく振る舞い、高い士気を保っていることが、チームの結束をさらに強固にしたのだろう。

仲間と抱き合って喜んだ本橋は「悔しさも半分あるけれど、後輩たちは頼もしかった。私もこのままじゃいけない、と思わせてくれた後輩たちに感謝している」と話した。そして、「これからも厳しくやっていきたい」とも。チーム立ち上げ時、スポンサー集めなどに苦労した。「常呂でスポンサーを集めてクラブチームをつくりたい、と言ったら、(理解されなくて)は? と言われた」と苦笑して振り返る。かつて、自身が籍をおいた「チーム青森」のように、選手が別々の企業に籍を置きながら、競技に打ち込める環境を徐々に整えた。「じっくり時間をかけてつくってきたチーム。北見市に根付くようなチームにしていきたい」。だからこそ、ここで満足するわけにはいかない。「これからの5カ月でもっとレベルアップしたい」と選手たちも口をそろえる。

総合力はかつてのどの日本代表女子よりも上だろう。リード吉田夕梨花、セカンド鈴木夕湖は確かなスイープで藤沢のショットを正確な位置に導く役割を果たした。北海道銀行の一員として14年ソチ五輪に出たサード吉田知那美は3日間を通して正確なショットを連発、流れを相手に渡さなかった。19歳だった11年に中部電力のスキップとして日本選手権初優勝を飾った藤沢は、だれもが認める「日本のトップのスキップ」(小野寺コーチ)。26歳と若いのに、経験は豊富だ。15年に藤沢が加わってから、このチームの世界への飛躍は始まった。

藤沢、4年前の苦い経験もプラスに

長らく日本のトップ選手だった藤沢にとっては、ようやくつかんだ五輪切符ともいえる。4年前の代表決定戦では北海道銀行に敗れた。そんな苦い経験もプラスにできた。充実した内容で五輪行きを決めた今、藤沢はこう話す。「五輪に行ったことがない私は、五輪がどんなものなのか、まだわからない。プレッシャーはあると思うけれど、チームで乗り越えられるんじゃないかな、とこの大会で思えた」。守備的なスタイルだったLS北見のカーリングを世界仕様の攻撃的なスタイルへと変え、さらに最近は状況に応じて、引くときには引く、という多彩さも備える。「五輪ではメダルを取るつもりでいる。もっとショットの精度を上げる必要はあるけれど、オレは戦えると思っている」と小野寺コーチは力強く話した。

(田中克二)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン