/

この記事は会員限定です

テルモ、「やさしい先端医療」が紡ぐ最高益

証券部 阿部真也

[有料会員限定]

テルモの業績上振れ期待が高まっている。患者の負担が軽い「やさしい先端医療」の代表格である、心臓血管治療に使うカテーテル(医療用細管)が予想以上に好調なためだ。M&A(合併・買収)なども駆使して世界市場の開拓を進め、いまや収益力では欧米大手と比べても引けを取らないところまできた。同社は2018年3月期の連結営業利益が2期ぶりに最高益を更新すると見込むが、市場予想はより高い水準へと切り上がっている。

「世界の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1271文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン