リベロの視点

フォローする

なぜ現れぬ伊達2世? 再び女子テニスが輝くには
スポーツコメンテーター フローラン・ダバディ

(1/2ページ)
(1/2ページ)
(1/2ページ)
2017/9/10 6:59
保存
共有
印刷
その他

熱戦が続いた全米オープンテニスもいよいよ大詰めだ。男子ではアンディ・マリー(英国)やノバク・ジョコビッチ(セルビア)、錦織圭ら世界ランキングトップ10の6選手が欠場する中、目の色を変えたベテランや新鋭の奮闘が光った。日本時間11日の決勝戦では新たな王者が生まれるかもしれない。

四大大会の優勝回数で史上1位のロジャー・フェデラー(スイス)、同2位のラファエル・ナダル(スペイン)にジョコビッチ、マリ…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

リベロの視点 一覧

フォローする
全仏テニスの大坂は高鳴る心臓の鼓動が聞こえてきそうなほど緊張していた=共同共同

 今年もテレビ中継のキャスターとして全仏オープンテニスに行ってきた。様々なドラマが生まれた15日間を振り返ってみたい。
 四大大会3連勝を狙いながら3回戦敗退に終わった大坂なおみは自分を見失っていた。足 …続き (2019/6/16)

大坂は創造力豊かな現代っ子でもある=共同共同

 テニスの全豪オープンで四大大会連覇を果たした大坂なおみ(日清食品)はコートの内外を問わず、意表を突くのが大好きだ。眠たげなワニといっては言いすぎだが、目を細めて周囲の様子をうかがっている彼女は抜け目 …続き (2019/2/3)

強力なサービスが大坂の武器の一つ=ロイターロイター

 女子テニスの大坂なおみを初めて知ったときのことは忘れられない。4年前の朝、ふと読んだ日本のスポーツ紙で「大坂」という16歳の日本人女子選手が時速190キロのサービスでトップ選手のサマンサ・ストーサー …続き (2018/10/7)

ハイライト・スポーツ

[PR]