/

この記事は会員限定です

アロマ用オイル、同じ香りで価格差数百倍のワケ

[有料会員限定]

花のラベンダーやかんきつ系のベルガモット、爽快感のあるペパーミント――。

様々な香りを楽しむアロマテラピーは広く知られるが、特に初心者にとってわかりにくいのがオイルの価格差だ。100円ショップやネット通販で安く売られているものと同じ名前のオイルが専門店では数万円もする例があり、しかも最近は高級品を中心に値上がりが相次いでいる。同じ香りなら安い方がお得に思えるが、実際は原料も用途も違う別の製品とい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1306文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

価格は語る

モノやサービスの値段にまつわる「なぜ?」を様々な角度から掘り下げる連載。商品の種目ごとに細かく担当を受け持つ日経記者が、その担当の商品・サービスの値段の変化がなぜ起きたのか、日本だけでなく世界のトレンドまで鋭く切り込む。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン