2019年3月26日(火)
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,170,855億円
  • 東証2部 76,103億円
  • ジャスダック 90,719億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.22倍 --
株価収益率13.54倍14.15倍
株式益回り7.38%7.06%
配当利回り1.85% 1.94%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,428.39 +451.28
日経平均先物(円)
大取,19/06月 ※
21,150 +410

[PR]

マーケットニュース

フォローする

満足していますか?(大機小機)

2017/9/7 18:13
保存
共有
印刷
その他

世の中なにかと暗いニュースが多い中、8月26日に内閣府が公表した「国民生活に関する世論調査」の結果は、おやっと思わせる内容だった。

この調査は、今年の6月から7月初めまで行われたもので、6319人が回答した(個別面接聴取)。調査がスタートしたのは1957年、『経済白書』が「もはや戦後ではない」と書いた翌年だから60年という歴史がある。

「あなたは、全体として現在の生活にどの程度満足していますか」。単刀直入とも言える質問に対して、回答者は「満足」「まあ満足」「やや不満」「不満」の4つの中から1つを選ぶ。この質問が加わったのは、内閣府の資料によれば63年だが、今年「満足」と「まあ満足」を合わせた人の割合は、なんと73.9%、54年間で最高の「満足度」を記録したのである。

これは一体どういうことなのだろうか。先進国ではまれと言っていいほど賃金が上がらず、非正規雇用は4割に達しようとし、格差が広がり、社会保障の将来は不安であり、20年デフレが止まらず、さらに近隣からミサイルまで飛んでくる。それでも4分の3の人は現在の生活に満足しているのだ。なぜだろう。

満足度が50.4%と史上最低の水準まで落ちたのは74年11月、第1次オイルショックによる「狂乱物価」の中で街からトイレットペーパーが消えた時だ。これは異常なまさにショックだったが、1960年代高度成長の時代の満足度はおおむね60%ほどだった。

これに対して平成に入ってからは70%に達した年がいくらもある。高度成長期を明るい時代と懐古する人もいるが、実際はやはり貧しかった。平成の世は物質的には豊かだ。調査結果はそうしたことを反映しているのだろう。

しかし統計をよく見ると、それだけとは言いきれない。平成に入り満足度は95年に前回のピーク73%弱をつけた後、2003年の58.2%まで一気に急落した。以来、今年の最高値まで上昇してきたのである。

「満足」は目標や願望と現実のギャップに依存する。過去十数年の上昇は、現実が良くなったのではなく、目標を下げたからだとしたらどうだろうか。日本人はついに「諦めの哲学」を身につけたということかもしれない。(与次郎)

マーケットニュースをMyニュースでまとめ読み
フォローする

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム