2018年1月19日(金)

1/19 20:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 株、近くて遠い2万4000円 午後の下げは外国人か[有料会員限定]
  2. 2位: コロプラ、白猫訴訟で見えた「崩れたミルフィーユ」
  3. 3位: 仮想通貨、大荒れの一週間 オルト急落で時価総額が一時半減[有料会員限定]
  4. 4位: 東証大引け 3日ぶり反発 金融株高い、上値は限定
  5. 5位: 日米金利差拡大でも進まぬ円安 米予算の行方懸念で[有料会員限定]
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 7,087,821億円
  • 東証2部 106,356億円
  • ジャスダック 119,982億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.47倍 --
株価収益率19.25倍17.51倍
株式益回り5.19%5.70%
配当利回り1.37% 1.45%
株式市場データ

最新の市場情報

※営業日はリアル更新
日経平均株価(円) 23,808.06 +44.69
日経平均先物(円)
大取,18/03月
23,800 +30

[PR]

スクランブル・フラッシュ

フォローする

株、Xデーにらみで進む「地味株」買い
証券部 野村優子

2017/9/7 15:45
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 7日の東京株式市場で日経平均株価は4営業日ぶりに反発。ただ、一時120円高まであった上げ幅は午後に縮まり、終値は1万9396円52銭と前日比38円55銭(0.2%)の小幅高となった。依然、市場の重荷となっているのが、北朝鮮リスクだ。いよいよ、今週の土曜日、9日には北朝鮮の建国記念日を迎える。昨年の同日には、初の核弾頭の爆発実験に成功しただけに、市場の警戒感は高まっている。投資家は相次ぐ北関連の「…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経電子版が2月末まで無料!初割のお申し込みは1月31日まで!

電子版トップマーケットトップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

NY市場の動き

相場と投資を読み解く

7日公開「記者の目」

記事の理解に役立つランキングやデータ

ビジュアルデータ

スクランブル・フラッシュ 一覧

フォローする

新着記事一覧

読まれたコラム