スペシャル

フォローする

伸びしろ大きい平野に勝機 スノーボードHP
平昌五輪へ今季を展望

(1/2ページ)
2017/9/7 6:30
保存
共有
印刷
その他
 スノーボード・ハーフパイプ(HP)の2017~18年シーズンが、9日に決勝が行われるニュージーランド・カードローナ・ワールドカップ(W杯)で幕を開ける。来年2月に平昌五輪を控える勝負の年の展望を、スノーボード専門誌「BACKSIDE」編集長の野上大介氏に語ってもらった。

ジェームズらと三つどもえの争い

現時点で男子は今季、3月の世界選手権(スペイン)で連覇を果たしたスコット・ジェームズ(オーストラリア)、ソチ五輪銀メダリストの平野歩夢(木下グループ)、そして言わずとしれたスーパースターのショーン・ホワイト(米国)の三つどもえの争いだろう。23歳のジェームズは21位と目立った存在ではなかったソチ五輪以降に頭角を現し、昨季は世界選手権に加えXゲーム、五輪のプレ大会だった平昌W杯を制覇した。目下の成績ではトップを走る。縦2回転、横3回転半の大技「バックサイドダブルコーク1260」に高さがあり、国際スキー連盟(FIS)の主催大会、プロ大会のワールド・スノーボード・ツアーのいずれの採点でも高得点をたたき出していた。ただ、今季もそのまま彼が突っ走るかといえば、必ずしもそうは思えない。伸びしろの大きい平野に十分チャンスがある。

平野はソチ五輪以降、プロ大会を含めた世界での優勝は16年のXゲームオスロ大会が最後。停滞していると思われるかもしれないが、それは表面的な見方にすぎない。ソチ以降、平野ほどトライ・アンド・エラーを繰り返しつつ、新たな技の習得に挑戦している選手はいないからだ。同じフリースタイルでもコースの進化に合わせ、新技が次々とお目見えするスロープスタイルや、平昌の新種目ビッグエアーと異なり、HPは成熟度の高い種目。リップ(パイプの端)からボトムまでの深さやパイプの斜度などのスペックは大きく変えようがなく、おのずと技の"発明"も限られてくる。そのなかにあって、平野はソチ翌年の14~15年シーズンのXゲームで、逆足の構えから回転軸をずらして4回転する「キャブダブルコーク1440」を成功してみせた。ソチ王者のユーリ・ポドラドチコフ(スイス)が13年に世界で初めてものにしたとされる大技だ。余談になるが、ソチの決勝でこの技を決めたユーリは、リスクを避けるためか、最後のトリック(技)をあえて回避したとも受け取れる滑りで、一部スノーボード界で物議を醸した。裏を返せば、当時はそれほどこの技のインパクトが大きかった。

野上大介氏

野上大介氏

平野は今年3月のUSオープンの決勝1回目ではこの「キャブダブル」に加え、「フロントサイドダブルコーク1260」という前人未到のトリックを繰り出した。姿勢が後傾になり手をついたが、それでもジャッジ(審判)の採点は予想以上の高得点。残念ながら2回目で第1トリックの「キャブダブル」に失敗した際に膝や肝臓を痛めてシーズンが終わってしまい、技の出来栄えを確かめることは今季に持ち越された。ただ、板の進みを考慮すれば回転を半回転上げて「1440」に進化させることも十分に可能で、大きな武器を手にしつつあるといっていいだろう。

五輪金メダル、カギは完成度

極限状態にまで技が進んだHP界でなお新たな「シーン」をつくり続けている平野は世界のスノーボーダーから、ひいき目なしに一目置かれている。リップのぎりぎりまで板を走らせ、ラインも斜めにならずにスムーズに飛び抜けるテークオフの技術は世界トップの力を持つ。あとはそれぞれのトリックが中途半端にならず、高さも出してしっかりつなげられるか。大麻問題に絡み日本スキー連盟が選手に課した検査の余波で、昨季は出場できなかった試合が多く、技をつなぐ実戦の場が足りなかったのは痛いが、USオープンでの故障も癒えて順調に練習を積んでいる。完成度を高めれば平昌でも金メダルを狙える位置にいる。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

スペシャル 一覧

フォローする
錦織はツアー復帰後3大会に出て、2回戦まで進めたのは前哨戦のイタリア国際のみ=APAP

 テニスの四大大会、全仏オープンが27日にパリ郊外のローランギャロスで開幕する。例年は5月下旬~6月にかけて行われるが、今季は新型コロナウイルスの感染拡大の影響で秋に延期、四大大会のとりを飾る。全米オ …続き (9/25)

全米オープンではソーシャルディスタンスを保つため、握手のかわりにラケットでハイタッチ(決勝後の大坂)=ロイターロイター

 大坂なおみ(日清食品)が優勝したテニスの全米オープンには、40を超える国・地域から350人以上の選手が出場した。コロナ禍のなかで行われた最初の本格的な国際スポーツ大会の一つで、その感染防止対策が注目 …続き (9/23)

横浜Mのeスポーツチームには4人の「シャドウバース」のプロゲーマーが所属する=(C)RAGE、(C)Cygames(C)RAGE、(C)Cygames

 サッカーJ1の横浜Mがeスポーツに力を入れている。2年前にスマホゲーム「シャドウバース」のプロリーグに参戦し、4人のプロゲーマーが所属する。NTTe―Sports(東京・新宿)と連携し、今後は教育事 …続き (9/17)

ハイライト・スポーツ

[PR]