/

この記事は会員限定です

リコー 製造終了デジカメの部品、3Dプリンターで造形

[有料会員限定]
日経ものづくり

自社の製品開発プロセスにおける試作品だけでなく、顧客の手元に届く最終製品の製造手段としての活用も広がる3Dプリンター(AM、Additive Manufacturing)。従来の他の工法に比べて形状の自由度が高く、一体化による接合や組み立ての省略も可能なため、軽量化や低コスト化などを実現できる。

これらに加えて、3Dプリンターは形状変更に伴う追加コストが小さいため多品種少量生産に向き、短期間で製造...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2530文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン