一枚上手の相撲論(浅香山博之)

フォローする

台頭する押し相撲力士 自分の型を極めよ

(2/2ページ)
2017/9/8 6:30
保存
共有
印刷
その他

あと気にかかるのが、けがが多い千代の国の相撲だ。立ち合いからそのまま突き押しでいけるところで、ちょっと中に入ったら、すぐにすくって投げようとしたり、おっつけているのにまわしを取りにいったりする。それで投げにいってけがをする。いわば「けがをする相撲」だ。おっつけるのであれば、そのまま徹底的に絞って絞って、相手を窮屈にしてまわしを取るのであれば、それでいいが、千代の国はすぐに強引な投げを打ってしまう。差しきってもいないのに、いきなりすくい投げにいくのも、けがをしにいっているようなもの。けがをしない体があればそれで通用するかもしれないけれど、千代の国はそこまで体が大きいわけでもない。あれだけの瞬発力があり、動きも速いわけだから、もっと突き押しに徹した方がいいのではないか。中途半端な相撲は怖い。前に出る相撲を取っていれば、けがもそうそうないはずだ。

押すなら押すと、押し相撲を徹底することが大事だ=共同

押すなら押すと、押し相撲を徹底することが大事だ=共同

押し相撲の人間は押すことで力つく

ベテランの豪風は当たるところは当たって、たとえ押せなくなっても、相手を動かしながら押して勝っている。38歳という年齢でまだ元気に幕内で相撲を取れるのは、やはり押し相撲に徹底しているからこそだろう。これを中途半端に四つ相撲を覚えていると、次第に体が前に出なくなり、まわしを取りにいったり、引きにいったり、横に逃げたりと、結果的に当たれなくなってくる。簡単に四つに組みにいき、相手に合わせた相撲をとって勝てなくなってくる。

やはり押すなら押すと、押し相撲を徹底することが大事だ。仮にまわしを引いて勝っても、それはたまたまで、ずっと勝てるかというと勝てない。勘違いをしたら、そこから相撲の流れが悪くなってしまう。押し相撲の人間は押すことで力がつく。引かれても足が出て相手についていけるようになったり、怖がらずに前に出られるようになったり、はたきも食わなくなったりと、それが自信になっていく。押しの形、突きの形をどんどん磨いて自分のものにできれば、押し相撲の勢いはなかなか止まらないし、どんどん上にいけるだろう。型にはまったら押し相撲は強い。押し相撲はそこが強みだ。プロということを自覚して、もっと自分の相撲を徹底して磨き、それぞれが自分の相撲を極めていかないと。それが型というものだ。

(元大関魁皇)

一枚上手の相撲論(浅香山博之)をMyニュースでまとめ読み
フォローする

  • 前へ
  • 1
  • 2
保存
共有
印刷
その他

大相撲のコラム

電子版トップスポーツトップ

一枚上手の相撲論(浅香山博之) 一覧

フォローする
引退会見する元大関豪栄道。右は境川親方(1月29日)=共同共同

 大相撲春場所は8日、エディオンアリーナ大阪で初日を迎える。新型コロナウイルスの影響で観客不在という異例の環境に注目が集まる中、それぞれの力士は様々な思いを持って場所に臨む。先場所限りで大関豪栄道が引 …続き (3/6)

大関在位15場所で関脇に陥落した高安(右)。稽古で朝乃山と向き合う=共同共同

 大相撲初場所は12日、両国国技館で初日を迎える。先場所優勝の横綱白鵬が健在ぶりを示す中、すっかり優勝から遠ざかっているのが大関陣だ。最近3場所続けて関脇に陥落する力士が出ており、半年前の4人から2人 …続き (1/10)

部屋の若手を殴った問題で貴ノ富士は曲折の末、引退という結果になった=共同共同

 9月に開かれた大相撲秋場所の前後に、残念ながらまた角界の暴力を巡る問題が2件、明るみに出た。十両だった貴ノ富士の2度目の暴力と、立呼び出しが若い呼び出しを小突いた件で、2人とも角界を去ることになった …続き (2019/11/8)

ハイライト・スポーツ

[PR]