2018年5月20日(日)

一枚上手の相撲論(浅香山博之)

フォローする

台頭する押し相撲力士 自分の型を極めよ

(1/2ページ)
2017/9/8 6:30
保存
共有
印刷
その他

 大相撲秋場所は10日、両国国技館で初日を迎える。ここ最近、幕内上位に台頭しているのが押し相撲の力士だ。御嶽海、北勝富士、阿武咲、貴景勝――。彼らはどうしたらもう一段上へ上り詰められるのか。押し相撲の基礎を見直してみたい。

 四つ相撲の自分が現役のときは、一気に馬力で持っていく武双山に、愚直に当たって押す出島。突き押しで攻めが速く、引きもある千代大海もいれば、当たってからちょこまかと横に動いて、何をしてくるか分からない朝乃若ら、いろいろなタイプの押し相撲がいた。特に武双山が上がってきたときは「これは勝てない」と思ったほど馬力があり、捕まえて何とかしてやろうと思っても差せず、一番嫌なタイプだった。それぞれ押すことに徹底して、自分の押し相撲の型を持っていたと思う。

相手に合わせずがむしゃらに前へ

名古屋場所4日目の取組で貴景勝(右)との距離ができ、誘うように両手を広げる白鵬=共同

名古屋場所4日目の取組で貴景勝(右)との距離ができ、誘うように両手を広げる白鵬=共同

 押し相撲の力士に遮二無二前に出てこられ、突かれて体を起こされたら、中に入ってくるのもうまいし、四つ相撲の力士は何もできない。逆に押し相撲の力士がすぐに組むようなら、やりやすい。押し相撲をやってきて、四つ相撲を取れといわれてもなかなかできるものではない。押し相撲の力士が中途半端にまわしを取ることを覚えたら、四つ相撲が相手だと、結局相手に合わせてしまうことになる。相手に合わせることなく、がむしゃらに前に出る。それが一番だ。勝負の世界だけあって、勝った、負けたというのは実力差もあるし、仕方ない面はある。だから、どれだけ自分の相撲を取りきれるかが大切だ。

 その点で気になったのが、名古屋場所の白鵬―貴景勝戦。一通りの攻防があった後、互いに距離を取って見合った。そして横綱は両手を広げて構えて、貴景勝を呼び込むしぐさをした。お客さんは沸いたかもしれないが、貴景勝にしたらあの展開はおかしい。あのとき見合っていったい何をしたかったのか。しかも、そこから相手を張り倒していこうというなら、状況は変わってくるかもしれないけれど、普通に当たりにいって四つに組まれて寄り切られた。ただのぶつかり稽古になっていて、それでは勝てるわけがない。

 相手と見合って、攻めが遅くなったり、休んだりすることは押し相撲からしたらあり得ない。それだけ相手に余裕を与えてしまっているということ。なかなか押せない横綱だからこそ、休まずに攻めて相手のバランスを崩し、押し出していかないと。21歳と若いんだから、なりふりかまわずガンガン前に出て相撲をとらなくてはいけないと思う。相手が誰であろうと、怖がらずに攻めていく。がむしゃらに攻めていれば、「足がそろったからはたかれた」「押すときに肘があいた」「手が上からいったから下からあてがわれた」とか反省ができる。そして次に生かしていけばいい。自分の相撲を取り切って負けたら、もっと力をつければいい。そうやって相撲を覚えていくものだ。特に若手は「絶対に引くものか」というくらいの気概を持って、がむしゃらに前に出ることだ。それが強くなるため、番付を上げるために最も大切なことだ。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

大相撲のコラム

一枚上手の相撲論(浅香山博之) 一覧

フォローする
先場所の横綱鶴竜(奥)は優勝を決めた豪栄道戦もはたき込みだった=共同共同

 5月13日に初日を迎える大相撲夏場所(両国国技館)で横綱鶴竜が初の連覇をめざす。4度目の優勝を飾った先場所は引きが目立ち、決まり手は13勝のうち6勝がはたき込みだった。とかく批判されがちな引き技につ …続き (5/11)

栃ノ心(左)は右四つ左上手という自分の型を持っている

 大相撲春場所は11日、エディオンアリーナ大阪で初日を迎える。注目の一人は1月の初場所で平幕優勝を飾り、関脇に返り咲いた栃ノ心だろう。怪力を生かした右四つ左上手の自分の型を持ち、大けがを乗り越えて賜杯 …続き (3/9)

引退記者会見で謝罪する日馬富士(17年11月29日)

 元横綱日馬富士による貴ノ岩への暴行事件は世間を大きく騒がせ、日本相撲協会は「再発防止検討委員会」の設置を決めた。事件を教訓に角界から暴力を根絶できるのか。自らの経験を踏まえ、胸の内を語りたい。
 酒席 …続き (1/12)

ハイライト・スポーツ

[PR]