2017年11月25日(土)

意識持つAIへ、世界初「動物並み」に挑む神経科学者

AI
(1/2ページ)
2017/9/6 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 コンピューターの性能が高まり、2045年には人間の脳の知能を上回る「シンギュラリティー(技術的特異点)」を迎える――。そんな予測が広がる一方で、実現できないと否定する声もある。現在の人工知能(AI)は機能が限られており、能力が大幅に高まる見込みは立っていないからだ。脳画像の解析サービスなどを提供しているアラヤ(東京・港)の金井良太最高経営責任者(CEO)は、シンギュラリティーにつながる「意識を持…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報