/

ロボット技術者教育向け人型ロボット 2018年1月発売

日経テクノロジーオンライン

日本ビジネスデータープロセシングセンター(神戸市)は、大学の工学部や工業高校などロボット技術者を育成する機関に向けて、オープンソースの「ROS(Robot Operating System)」に対応した人型ロボット「NDC-HN01」を開発した。2018年1月に発売予定で、価格は40万円前後。専用の教科書も出版する。

同ロボットは、プロトタイプで19軸、製品版では20軸の自由度を備える。サーボモーターの制御にはEIA(Electronic Industries Association:米電子工業会)の通信規格であるRS485を採用し、耐ノイズ性を確保したという。超音波測距センサーや3軸加速度センサーに加え、USBマイクやスピーカーを内蔵。各種センサーの制御には、I2CやSPIといったシリアル通信規格を採用している。

その他、プロトタイプでは音声認識や音声合成を活用した簡単な会話を可能とした。頭部にはフルHDカラーカメラを装備。背面の液晶ディスプレーとタクトスイッチで状態を確認できる。寸法は380×150×88mm、本体質量は1080g。

メインボードとしては「Raspberry Pi 3 Model B」を使用し、これに各種サーボ制御用トランシーバやアンプ、ADコンバーターなどが搭載された拡張基板をセットする。OSは「Ubuntu MATE 16.04.2 LTS」をベースに、ミドルウエアとして「ROS Kinetic Kame」を搭載する。

(日経テクノロジーオンライン 松田千穂)

[日経テクノロジーオンライン 2017年9月4日掲載]

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン