2017年11月23日(木)

ロッカールームトーク

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

ナショナルオープンの価値を高めるために
公益財団法人日本ゴルフ協会専務理事 山中博史

(1/3ページ)
2017/9/11 6:30
保存
共有
印刷
その他

 14日に開幕する日本シニアオープン選手権(ザ・クラシックGC、福岡県)を皮切りに、今年もナショナルオープンの季節が近づいてきました。28日からは日本女子オープン選手権(我孫子GC、千葉県)、10月12日から日本オープン選手権(岐阜関CC、岐阜県)と続きます。それぞれのカテゴリーで今年のゴルファー日本一を決める試合です。

米女子ツアーを主戦場にする畑岡。昨年の日本女子オープンでメジャー最年少優勝した=共同

米女子ツアーを主戦場にする畑岡。昨年の日本女子オープンでメジャー最年少優勝した=共同

 今回のテーマはその開催コースについてです。多くの方が「ナショナルオープンの開催コースは名門コースに限られる」という印象を持っているようです。確かに過去には、一般に“名門”といわれるコースで多く開催されてきたのも事実ですが、「限られる」ということではないと思います。そもそもその基準とは何なのでしょうか。歴史でしょうか。入会が難しいメンバーシップでしょうか。そう考えると、基準そのものがあいまいなように思います。

重要なコースの質と協力体制

 今回は、最近のナショナルオープンの開催コースがどのようにして決まっていくのかを紹介しましょう。

 現在、2020年まで3つのナショナルオープン(日本オープン、日本女子オープン、日本シニアオープン)の開催コースは決まっています。開催コースを決める際には「ウチで開催したい」というゴルフ場から話があるケースと、日本ゴルフ協会(JGA)から「おたくで開催したいのですが」と話を持っていくケースがあります。

 主催者であるJGAにとって一番重要なのは「コースのクオリティー」と「コース側の協力体制がどうか」です。その年のそれぞれのカテゴリーのゴルファーナンバーワンを決める試合ですから、その舞台にふさわしい「コースのクオリティー」は説明するまでもないでしょう。そのままでOKのコースもあれば、コースの素材はよいもののティーインググラウンド、バンカーや池の増設、樹木の移植・伐採など改造が必要なコースもあります。「コース側の協力体制」という点では、例えば「この樹を移植してください」「このバンカーの位置、形状を変えてください」とJGAが要望しても、コース側が「コースはいじれません」ということもあります。コースにとって樹木は貴重な財産ですし、慣れ親しんだレイアウトや景観を変えることに抵抗するオーナーやメンバーさんは少なくないからです。

 クラブの経営方針も大切です。コース改造や整備のためにメンバーのプレーを制限することがありますから、メンバーの理解や協力も不可欠です。コース改造や整備費用負担、チケット販売の見通し、ボランティアスタッフの募集、近隣ゴルフ場との協力など多様な要素が含まれるからです。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

ゴルフコラム

スコアアップヘ

ロッカールームトーク 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

松山は昨年の日本オープンで大会初制覇を飾った=APAP

 14日に開幕する日本シニアオープン選手権(ザ・クラシックGC、福岡県)を皮切りに、今年もナショナルオープンの季節が近づいてきました。28日からは日本女子オープン選手権(我孫子GC、千葉県)、10月1 …続き (9/11)

コースメンテナンスの仕事を指揮しているのがグリーンキーパー=JGA提供JGA提供

 皆さんは「良いゴルフ場」と言うときに、何を基準にしますか? 「食事がおいしい」「クラブハウスが豪華」「接客がいい」「近い、アクセスがいい」など、いろいろな要素があると思いますが、やはり一番大切なのは …続き (7/5)

ビル・クーア氏は「ゴルフの本質を考えたコースを設計すべき」と説いた

 皆さん、最近いろいろなところで「サステナビリティー」という言葉を聞きませんか。英単語の「sustainability」。日本語だと「持続可能性」と訳されることが多いようです。対象は社会、企業、環境、 …続き (4/19)

ハイライト・スポーツ

会員権相場情報

[PR]