/

この記事は会員限定です

国産グローバル人材育てる政策を 小林暢子氏

A・T・カーニー パートナー

[有料会員限定]

夏の初めに、米ボストンで15年前に卒業したハーバードビジネススクールの同窓会に参加した。クラスメートの多くは米国や欧州で働く企業の中堅幹部や起業家だが、その日常的なグローバル化ぶりは新鮮であった。

例えば、東海岸に住むユダヤ系米国人は日本文化が大好きなため、スウェーデン人の配偶者との子供のバーミツア(ユダヤ教の成人式儀式)を来年、東京の教会で行う予定だという。自分のルーツに誇りを持ちながらも外国...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1037文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン