/

この記事は会員限定です

次世代路面電車 宇都宮、ゼロから整備で生みの苦しみ

新交通で"脱クルマ"(上)

[有料会員限定]
日経コンストラクション

住民の老いと孤立が急激に進む地方では、自家用車に大きく依存する現在の交通体系はやがて成り立たなくなる。そこで、モータリゼーションの陰で低迷した公共交通を復活させる切り札と目されているのがLRT(次世代型路面電車)とBRT(バス高速輸送システム)だ。ただし、住民の間にくすぶる反対論や既存交通とのすみ分けなど、解決すべき課題も多い。整備に取り組む自治体の事例に解決の糸口を探る。

着工時期はまだ未定

既存の鉄道をLRTに改...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1691文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン