/

この記事は会員限定です

ルールも働き手も変化が必要 関係者に聞く

働き方改革 さびつくルール(下)

[有料会員限定]

イノベーションは働き方の多様性や人材の流動性を高めるが、既存の労働法制では対応しきれない部分もある。ルール整備をどう考えるか。専門家の立場から日本総合研究所の山田久主席研究員と、料理配達サービス「ウーバーイーツ」配達員のための支援会社を立ち上げた尾崎浩二さんに、それぞれ話を聞いた。

日本総研の山田主席研究員「労働者保護へルール運用の工夫を」

――日本の労働ルールや働き方が変化に追いつかなくなって...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2813文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

商標権や著作権、知的財産権など、ビジネスに関わる法律、ルールを読み解くコラムです。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン