/

クラウド調達額トップ10、マニア同士が共感マネー

17年上半期ランキング

インターネットを通じて不特定多数から資金を募るサービス「クラウドファンディング(CF)」が新たな商品やサービスのヒットを生む場に定着してきた。日経産業新聞がまとめた2017年上半期(1~6月)の資金調達額ランキングなどを見ると、製作側の細部のこだわりに資金提供側が共感する「マニアックな関係」が成立した時に多額の資金が集まっている。

ランキング首位の無線イヤホンや4位の携帯電話の形からロボットに変わる玩具は、「ガジェット」(小道具)に関心のある利用者が多いCFサービス「マクアケ」を通じて資金を募った。いずれもスマートフォン(スマホ)と接続して使え、40代までの男性が支持した。

イヤホン「エアー・バイ・クレイジーベイビー」はバリュートレード(東京・豊島、土山裕和代表取締役)が輸入販売する。振動板に筒状炭素分子の「カーボンナノチューブ」を採用したことで「数万円クラスの高級機種に負けない音質を実現」しているとうたった。左右のイヤホンでスマホと曲をそれぞれ操作するなど、ひと通りの操作機能もそろえる。

運動しながら音楽が聞きやすく、予定していた一般販売価格(1万9310円)の最大30%引きで入手できることで20~40代の男性を中心に支持を得た。価格は米アップルの「エアポッド(AirPods)」の1万6800円(税別)とほぼ同じ。遅れたが、資金提供者には出荷を終えた。今のところ一般販売を始める計画はないという。

バリュートレードは14年の設立で、写真を印刷できるケースなど海外の個性的なスマホ連動機器を販売している。イヤホンは中国のクレイジーベイビーの商品。スマホ用の斬新な携帯音響機器を開発しており、円盤状のスピーカーが宙に浮く製品でCFの草分けの米インディーゴーゴー(カリフォルニア州)で83万ドル(約9千万円)を集めたこともある。

ロボット玩具はKDDI(au)の携帯電話「INFOBAR」の初代デザインを使い、ボタンパネルが分かれてロボットに変形する。通話はできないが、スマホと無線通信し、着信があると発光ダイオード(LED)が点灯する。

初代INFOBARはネットの投票でauの歴代携帯電話の人気ナンバーワンだった。子供の頃から変形ロボットのアニメ好きの広報部の西原由哲グループリーダーがグッズを提案すると社内が賛同。変形玩具「トランスフォーマー」を発売するタカラトミーも応じた。「携帯電話事業者のサービスや端末が同質になる中、顧客の心を動かすコンテンツや商品を作りたかった」という。

西原氏が「とがった商品なので感度の高い人が接しやすいCFが適している」とマクアケの活用を決めた。資金提供者の8割が男性で、男性の8割が30~40代。4割が東京在住で、神奈川、埼玉、大阪、千葉と都市部の人が続くなど、想定通りの層が集まった。

テストマーケティングや話題作りの狙いもあった。目標額の100万円は目安で、集まった資金は開発費の一部に過ぎない。CFで話題となったことから、8月から受け付けを始めた数量限定の一般販売でも売り切れた。

7位と10位のエンターテインメント系の案件はいずれもクラウドファンディング(CF)サービスの「キャンプファイヤー」を通じて資金を集めた。作品はもとより、自らの活動姿勢への支持も求めた。資金の使い方をはっきりさせたいという点で共通する。

7位は3人組の音楽バンド「クラムボン」が5月に東京の日比谷野外大音楽堂で開いた単独ライブの映像ソフト。映画「スワロウテイル」「リリイ・シュシュのすべて」で著名な岩井俊二監督が撮影した。

メンバーのミトさんはCFを利用した理由を「間に入る会社がなく、アーティストに直接お金が入る。お金の流れがわかりやすく、作品にお金がかけやすい」と話す。クラムボンは2015年にメジャーレーベルから離れ、CDはライブ会場で販売したり、ファンの店で扱ってもらったりするなどの活動を続けてきた。「エンターテインメントはお金がかかる。その数字を開示するのはファンの安心材料にもなる」

野音ライブの入場券の先行発売で収容人数の2倍の応募があったことから映像化を企画。知り合いのアーティストがCFであっという間に目標額を達成したのを見て衝撃を受けた。資金提供者は30代が過半を占め、男性が6割、女性が4割ほど。

様々なコースがあるが、8000円を提供した人にはDVDとメンバーのサイン入りお礼状、「打ち上げライブ」の視聴券が送料込みで11月に届く予定。ミトさんは「今後はアーティストがお金を語ることも必要な時代になる。時間や資本、発言力が限られる中でファンとの関係性を考えるいい機会だった」と話している。

10位のアニメ映画「薄暮」の制作プロジェクトは山本寛監督が東日本大震災以降、東北を舞台に発表している作品の3作目。福島県いわき市の高校の部活でバイオリンに打ち込む少女が他校の美術部の男子生徒と恋に落ちる物語だ。

資金を募るページでは夕暮れ時の空の下で少女がバイオリンを演奏するイメージイラストや山本氏が書いた短い原作小説を公開したが、アニメ自体はまったくできていない状態だった。30代を中心に20~40代の資金提供が多く、男性が9割を占める。

1作目はチャリティーで、2作目はレコード会社などが出資する委員会方式で製作した。山本氏はアニメづくりの中核となる作画担当「アニメーター」の処遇を改善することを訴えてきた。資金募集中も動画サイトでそうした持論を展開した。資金の用途の見積もりも「図解して透明性を高めたい」と話す。

来年の公開を目指して絵コンテづくりを進めている。調達できた資金は制作に必要な費用の2~3割という。制作方法に共感したスポンサーからの出資や2回目のCFの利用も視野に入れている。

(川上宗馬、堀越功、井上みなみ、若狭美緒)

 〈ランキングの概要〉 資金を提供する見返りに商品やサービスが受け取れる「購入型」のクラウドファンディングから1~6月に調達を完了したプロジェクトを金額順に並べた。購入型の大手運営会社であるサイバーエージェント・クラウドファンディング(東京・渋谷、サービス名は「マクアケ」)、レディーフォー(同・文京)、キャンプファイヤー(同・渋谷)の3社の結果をまとめた。

[日経産業新聞 9月1日付]

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン