/

この記事は会員限定です

深圳、秀逸人材集う街に シリコンバレー並み

広州支局 中村裕

[有料会員限定]

「中国のシリコンバレー」と呼ばれる南部の町、広東省深圳市。ネットサービス大手の騰訊控股(テンセント)や華為技術(ファーウェイ)など中国を代表する民間企業が本社を構えるだけでなく、多くのスタートアップ企業が競い合い、街は急速に変貌しつつある。中国全土から優秀な人材が集まり、20代の若者の姿が目立つ。なぜ深圳は優秀な若者を惹きつけ、急速な発展を遂げているのだろうか。

テンセント社員 平均年齢29歳、「40代ほぼいない」

「テンセントには現在3万~4万人もの社員がいるが、40代...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2628文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン