CTO30会議

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

「事業大転換」成功に必要なもの 富士フイルムCTO

(1/2ページ)
2017/9/13 6:30
共有
保存
印刷
その他

日経BPクリーンテック研究所

 富士フイルムで、主力だったカラーフィルム事業が衰退する中、同社の柱となるヘルスケア事業をけん引したのが戸田雄三副社長兼CTO(最高技術責任者)である。そのきっかけとなったのは、オランダで研究所長をしていた頃に始めた再生医療。戸田氏に当時の経験を振り返ってもらい、新規事業のテーマを見つけるコツや反対されてもあきらめずに続けるためのポイントについて聞いた。

――新規事業を始めるには自社の競争力、すなわち「コアコンピタンス」が核になりますが、富士フイルムのそれは何ですか。

写真1 富士フイルム 代表取締役副社長兼CTO 戸田雄三氏(撮影:新関雅士)
画像の拡大

写真1 富士フイルム 代表取締役副社長兼CTO 戸田雄三氏(撮影:新関雅士)

戸田 高機能材料と、それを目的に応じて3次元構造化できる技術です。カラーフィルムは光に感応し、何千分の一という一瞬を記録できるという優れた機能を持った商品です。これは材料をただ混ぜただけでできるものではありません。20ミクロンの薄さの中に3次元的に層を20以上も形成する必要があります。高機能材料を扱う企業はたくさんありますが、それを3次元構造的に組み上げられるのが富士フイルムの最大の強みです。

 カラーフィルムは、たった20ミクロンの薄層が、「センシング」「メモリー」そして「ディスプレー」の三役をこなします。デジカメはその各々に全く別のデバイスを必要とします。「利便性」と言う、唯一の特性で負けているだけで、カラーフィルムは商品として退場させられました。だからと言って、技術で負けたわけではありません。

――なぜカラーフィルムの技術をヘルスケア分野に転用しようと考えたのですか。

戸田 カラーフィルムはデジカメに駆逐されました。商品には流行があり、寿命があるのは仕方のないことです。人間のライフスタイルによっても変化することですから。でも商品を通して得た技術や経験、知識には寿命がありません。うまく転用できれば、生かし続けられます。

 商品そのものではなく、商品を支えている技術を抽出して再定義しておく。それはある意味、技術の持つポテンシャルを生かす次の事業領域がどこにあるのかを把握することにつながります。

 富士フイルムの場合は、高機能材料とその構造体をコアコンピタンスと定義し、それを生かせる分野としてヘルスケアを選びました。薬も、低分子のものは高機能材料そのものです。ただ、それだけなら誰でも作れてしまいますから、私たちはオンリーワンを追求します。その例としてリポソームや、マイクロニードルなど高度なエンジニアリング技術の活用があります。これは誰でもできるものではありません。富士フイルムの技術が生きる場所です。

 その先にはバイオ薬品があります。バイオ薬品は細胞が作り出すわけです。細胞が置かれた環境を感知して、それに合ったタンパク質を作ります。細胞がセンシングして、バイオ薬品を作り出すわけです。モノづくりに関わる技術者にとってはワクワクするテーマです。そこまでストーリーを考えて、富士フイルムの強みが生かせる分野と考えました。

――どういう視点で新規事業を始める判断をしていますか。

戸田 「やれそう」「やるべき」「やりたい」を考えています。最初に「やれそう」を考えます。自分たちの持っている技(ワザ)から発想します。コアコンピタンスをロジカルに考えて、何が「やれそう」かを把握します。自社の持っている技術を理解することと同時に、他社と比べたときの競争力も知っていなければいけない。

 得意技とする技術にもランクがあります。これはすぐに他社にキャッチアップされるから競争力は続かないとか、これは簡単には追いつけないから競争力があるとか、そうしたことまで含めて情報を持っていないといけません。研究者が井の中の蛙では駄目ということです。他社の技術力を含めて俯瞰的に見られる研究者でなければなりません。

 次に「やるべき」です。次の市場候補を挙げたら、参入すべき領域を決めるわけです。富士フイルムの場合はヘルスケアや化粧品でした。ここでは自分たちの技術で、新しい付加価値を創出できるかどうかを考えます。既存のプレーヤーが実現できていない価値を自分たちの技術で市場に提供できれば、その市場で勝てると判断するわけです。

 最初の「やれそう」がテクノロジープッシュであるのに対し、その次の「やるべき」はマーケットプルです。バイオ医薬品は、工程が複雑で非常にデリケートな分野です。だからプレーヤーは少なく、まだ手がつけられていない技術領域が無限大と言ってもいいほどあるのです。富士フイルムが参入するのにふさわしい市場と言えます。でも、いきなり全面展開は容易ではありません。そこでどこから手をつけるか、技術を生かしやすい出口はどこか、戦略を練るわけです。

 最後の「やりたい」は、最も大切です。社会的視点が必要で、大義ある利益がなければ事業が成り立ちません。担当者の個人的な「やりたい」も必要ですが、それより企業が何をやりたいかを考えます。企業の一員として何をやりたいかです。

■ヘルスケア分野の矛盾をなくしたい

――富士フイルムにとっての「やりたい」は何でしょうか。

戸田 富士フイルムは、ヘルスケア分野の矛盾をなくしたいと思っています。人は、体の大きさも、その体質にも個人差があります。しかし、薬はその多様性に対応できていません。アルコールをいくら飲んでも酔わない人もいれば、一滴でも酔ってしまう人がいるように、薬も人によって効き方が異なります。

 それなのに一律で薬の量を決めているのは間違っています。命に関わる問題ですから、これは改善していかなければいけません。これまではコスト面や技術面の制約があって、仕方のないことだと考えられてきました。これからは富士フイルムの力で少しでも改善していければと考えています。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

日経BPの関連記事

【PR】

CTO30会議 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

富士フイルムの再生医療研究所

「事業大転換」成功に必要なもの 富士フイルムCTO

 富士フイルムで、主力だったカラーフィルム事業が衰退する中、同社の柱となるヘルスケア事業をけん引したのが戸田雄三副社長兼CTO(最高技術責任者)である。そのきっかけとなったのは、オランダで研究所長をし…続き (9/13)

写真1 サイバーアイ・エンタテインメント 代表取締役社長兼CEO 久多良木健氏(撮影:新関雅士)

奇人変人の才能見抜け 「プレステ生みの親」のCTO論

 1994年12月に発売された「プレイステーション(PS))」(現ソニー・インタラクティブエンタテインメント)は、家庭用ゲーム機としては初めて累計出荷台数が1億台を超え、世界的なムーブメントを巻き起こ…続き (6/9)

アイデアは若手に任せろ 日本車初エアバッグ開発者

 本田技術研究所で1987年に日本初の量産車向けエアバッグの開発・市販に成功するというイノベーションを起こした小林三郎氏。大半の経営陣が反対する中、粘り強く開発を続け、製品化にこぎ着けた。その経験から…続き (5/2)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

TechIn ピックアップ

09月20日(水)

  • インテルとWaymo、完全自動運転の実現を目指して協力
  • 触って感じた「iPhone X」第一印象―「iPhone 8/8 Plus」とどう違う?
  • グーグルも交えて大混戦、通信・メディア再編の鍵は映像とモバイル

日経産業新聞 ピックアップ2017年9月20日付

2017年9月20日付

・香港のIT企業「オクト3」、電子コインで資金調達
・キャトル、試供品、狙った顧客層に配布
・日本バルカー、複数用途対応のグランドパッキン販売
・鉄鋼、旺盛な需要下で相次ぐ設備トラブル
・低コストの宅配ロッカー、ウィルポート 外部電源不要に…続き

[PR]

関連媒体サイト