/

この記事は会員限定です

1ドル=105円視野 「日本着弾でも円高説」のワケ

経済部 高見浩輔

[有料会員限定]

「有事の円買い」が再び強まっている。北朝鮮によるミサイル発射で緊張感が高まった29日の外国為替市場。欧州市場のトレーダーが引き揚げた後の閑散とした市場で、円相場は午前6時ごろからわずか80分ほどで1ドル=108円30銭程度まで1円近く円高になった。円相場は年初から108~114円の間でしか動いていなかったが、円高方向に均衡が崩れる可能性もある。背景にあるのは円を日常的に「空売り」している投資家たち...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1208文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン