/

この記事は会員限定です

「いい子」を演じるという北朝鮮の妙手

編集委員 鈴置高史

[有料会員限定]

核武装を目指す北朝鮮には妙手がある。核・ミサイル実験などの挑発を自発的にやめることで、米国の圧迫を封じる手法だ。今、「いい子」を演じれば核保有を事実上、認められる可能性がある。

損害が大きく戦争はできない

7月に実施した2回の大陸間弾道ミサイル(ICBM)実験の後、米国で「核を持った北朝鮮との戦争は損害が大きい。現状を追認し、戦争だけは避けよう」との声があがった。

オバマ政権で国家安全保障担当の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1805文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン