ニュースな技術

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

「ムーアの法則」延命へ 半導体微細化、限界打破に光明

(1/3ページ)
2017/10/5 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 空前の好景気に沸く半導体業界だが、製造技術の進化は停滞し将来展望を見失っていた。既存技術の延長では、半導体の集積度・性能向上、コスト低減を導く「微細化」が限界に近づいていたのだ。ごく最近になって、10年以上も前から期待されていた「EUVリソグラフィー」による量産化に現実味が出てきたことで、半導体メーカー各社が一斉に微細化のロードマップを更新した。ムーアの法則が少なくとも今後10数年、“1.4nm…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップテクノロジートップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

日経BPの関連記事

【PR】

ニュースな技術 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

図5 三井化学が試作したエンジンのピストンとコンロッド。炭素繊維で強化した熱可塑性ポリイミドで加工した。ガラス転移温度が250℃という高耐熱性を生かし、アルミ合金などの代替を狙って軽くする

適材適所の材料活用、欧米を一気に抜く「秘策」 [有料会員限定]

 製品の性能を限界まで高め、複数の機能を同時に実現するために、さまざまな種類の材料を適材適所で使いこなす――。この「マルチマテリアル化」が、当たり前となる時代に入りつつある。だが、残念ながら、世界レベ…続き (10/20)

図4 BMW社の7シリーズの生産ライン。CFRPを使って部品を加工し、ボディーとして組み立てるために専用の設備や生産ラインを新設している(写真:BMW)

車に潜む「日本の危機」、材料活用で欧米に後じん [有料会員限定]

 製品の性能を限界まで高め、複数の機能を同時に実現するために、さまざまな種類の材料を適材適所で使いこなす――。この「マルチマテリアル化」が、当たり前となる時代に入りつつある。だが、残念ながら、世界レベ…続き (10/19)

「ムーアの法則」延命へ 半導体微細化、限界打破に光明 [有料会員限定]

 空前の好景気に沸く半導体業界だが、製造技術の進化は停滞し将来展望を見失っていた。既存技術の延長では、半導体の集積度・性能向上、コスト低減を導く「微細化」が限界に近づいていたのだ。ごく最近になって、1…続き (10/5)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

TechIn ピックアップ

10月20日(金)

  • ビットコインに11月再分裂の危機、前回より事態は深刻
  • 米国でAIスピーカーとHA機器の導入が急増
  • 機械学習で「雑草だけに除草剤」―米農機大手ジョンディアは、新興ロボット企業の買収で農業を進化させる

日経産業新聞 ピックアップ2017年10月20日付

2017年10月20日付

・米ツナミ、VRで部品組み立て研修
・サイバーブル、電子看板にネット動画広告配信
・モフィリア、指先1つで静脈認証
・何でもつかむぞ万能ロボハンド 東北大、柔軟に変形
・フジクラ、伸縮・曲げ自在な電子回路…続き

[PR]

関連媒体サイト