/

不動産賃貸契約を電子化、マイナンバーカードも活用へ

ITpro

ソフトバンク コマース&サービス(ソフトバンクC&S)は2017年8月25日、不動産賃貸契約専用の電子契約サービス「IMAoS(イマオス)」を9月1日から提供すると発表した。不動産会社や借主と貸主の契約手続きを簡単にするサービスだ。

入居手続きを電子化して、2017年10月をめどに本格運用が始まるオンラインでの非対面による重要事項説明を可能にするほか、顧客の利便性向上や業務効率化を進める。今後は借主がマイナンバーカードの利用者証明機能を使える機能などの追加を予定している。

不動産賃貸契約専用の電子契約サービス「IMAoS(イマオス)」(出所:ソフトバンク コマース&サービス)

ソフトバンクC&Sは東急住宅リースの協力で、約2年かけて業務の流れを変えずに電子化した。GMOクラウドの電子契約サービス「GMO電子契約サービスAgree」を採用して日本の法令に適合したサービスを短期間で実現したという。

まずは東急住宅リースと同社関連会社の東急社宅マネジメントが行う賃貸契約の一部から利用し、初年度に1000社の導入を目指す。

今後はスマートフォンへの搭載が進んでいるマイナンバーカードの利用者証明機能や、不動産管理会社が不動産仲介会社に契約書類を効率的に送信できる機能を追加する予定という。

(日経コンピュータ 大豆生田崇志)

[ITpro 2017年8月25日掲載]

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン