/

この記事は会員限定です

政治家は若者の政策要望に耳を 室橋祐貴氏

日本若者協議会代表理事

[有料会員限定]

7月2日投開票の東京都議選では投票率は50%を超えた。有権者の関心の高まりを反映した結果といえるが、若者世代はどうだろうか。年代別の投票率は集計中だが、60%近い投票率を記録した昨年の都知事選でも20歳代は37.65%。若者世代の低投票率はかねての課題だ。若者世代の要望を政策に反映してもらえば、政治参加を促すことができるはずだ。

私たちが聞き取り調査をしたところ、10~30代の若者世代が都政におい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1032文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン