/

この記事は会員限定です

アウディ、自動運転の先駆者へ 「レベル3」実現の中身

[有料会員限定]
日経Automotive_Technology

ドイツAudi(アウディ)が「レベル3」の自動運転機能を開発し、旗艦セダン「A8」に搭載する(図1)。自動運転中の事故の責任をメーカーが負うリスクを果敢に取って、Audiが自動運転時代の先駆者たることを示す車両だ。「レベル2」の車両と異なり3次元レーザースキャナー(LiDAR)採用し、事故のリスクを抑え込む。

2018年以降に、レベル3の自動運転機能「AI traffic jam pilot」をオ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1812文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン