/

この記事は会員限定です

不破共産前議長「自民は変質」

「かつては弱点突くと改めた」

[有料会員限定]

2006年に共産党中央委員会議長を退いた後も党運営に強い影響力を持つ不破哲三前議長は、1969年の衆院選で初当選して以降、佐藤栄作首相ら計17人の歴代首相に国会などで論戦に挑んできた。かつての自民党は「弱点を突かれると改めた」と振り返り、安倍晋三首相が総裁の現在の自民党は「僕らが付き合っていた自民党とは違う。変質した」と話す。小池百合子東京都知事は「国政に出られない」との見方も示した。

――共産...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2789文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン