関西発「スポーツCAFE」

フォローする

J1神戸反攻へ ポドルスキとの連係深化探る

2017/8/19 6:32
保存
共有
印刷
その他

チームの起爆剤としてリーグ後半戦に元ドイツ代表FWのポドルスキを迎え入れたJ1神戸だが、波に乗れずにいる。32歳の世界的ストライカーがリーグ戦デビューを果たした先月29日こそ快勝したが、その後は3連敗で11位。成績不振から今月16日にはネルシーニョ監督の解任が発表された。

ポドルスキが日本のサッカーに順応するにはまだ時間がかかりそうだ=共同

ポドルスキが日本のサッカーに順応するにはまだ時間がかかりそうだ=共同

代名詞である強烈な左足シュートをペナルティーエリア外から決めるなど2ゴールの鮮烈なデビューを飾ったポドルスキ。ただ、直近の3戦は無得点に終わっている。7月初めに欧州から来日して「週を追うごとに動きが良くなっている」と本人は話すものの、ネルシーニョ氏は「彼はまだ日本のサッカーや気候に順応する途中」と話していた。蒸し暑さのせいか、動きに切れを欠くこともあり、万全な状態に仕上がるにはまだ時間がかかりそうだ。

もう一つの大きな課題がポドルスキの周囲との連動性だろう。サイドからのクロスにシュートを合わせたり、浮かせた縦パスに抜け出したりするプレーが見られる一方、前線で孤立することにいら立ち、中盤までポジションを下げてパスを受けるシーンも目立つ。

2戦連続の逆転負けを喫した今月9日のホームでの鹿島戦。DFの岩波拓也は、先制点を奪った後で球を大きく蹴るようになり、相手に中盤を支配されたことを悔いた。「ルーカス(ポドルスキ)もロングボールが得意な選手じゃない。もう少し足元で球をつないだほうが効果的だった」

ワールドカップ(W杯)優勝も経験した超大物を"宝の持ち腐れ"にせず、連係を深化させるためのベストな戦い方とは――。名将が去った後の首脳陣はもちろん、チームメートたちもピッチ上で懸命に模索している。

(常広文太)

関西発「スポーツCAFE」をMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

サッカーコラム

関連キーワード

電子版トップスポーツトップ

関西発「スポーツCAFE」 一覧

フォローする
実証実験が行われる駒川商店街をC大阪の選手が訪れ、商店主や買い物客とふれあった(9月21日)

 J1のC大阪は本拠地のヤンマースタジアム長居(大阪市)でG大阪とのリーグ戦第27節が行われる9月28日、スポンサー企業などと連携して地元商店街の利用客増加に向けた実証実験を行う。車で来場する人に商店 …続き (9/27)

C大阪の育成チームと対戦するアジア選抜(青のユニホーム)

 サッカーJ1のC大阪がアジアでの活動域を広げている。Jリーグの掲げるアジア戦略と歩調を合わせ、2012年にタイのクラブと提携を結んだのが最初の一歩。さらにマレーシア、ベトナム、ミャンマーに交流を広げ …続き (9/8)

大迫貴史氏(後列右端)がGMを務めるFKアドリア選抜は準優勝

 堺市で3月中旬、12歳以下の8人制サッカーの国際大会「シン・エナジーカップ」が開かれた。企画したのは東欧の小国、モンテネグロのサッカークラブ「FKアドリア」。桃山学院大(大阪府和泉市)サッカー部の元 …続き (4/21)

ハイライト・スポーツ

[PR]