高飛車な離脱交渉、英国を没落に導く「高慢と偏見」  欧州総局編集委員 赤川省吾

(1/2ページ)
2017/8/19 6:35 (2017/8/21 6:35更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

英国で活躍したアダム・スミスやデビッド・リカード。経済学の巨人を知らずして経済は語れない――。パリの酒場で青年フリードリヒ・エンゲルスは、盟友カール・マルクスにこう詰め寄った。「ロンドンに行け」。熱っぽい説得に心を動かされてマルクスは渡英。「資本論」や「共産党宣言」などの代表作を次々に著す。最近公開された仏独ベルギー合作映画「若きカール・マルクス」の一コマである。

いち早く産業革命を成し遂げ、リ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]