2018年7月23日(月)

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,396.99 -300.89
日経平均先物(円)
大取,18/09月 ※
22,380 -340

[PR]

豊島逸夫の金のつぶやき

フォローする

米CEOの反乱、市場にも衝撃 円高を誘発

2017/8/17 9:00
保存
共有
印刷
その他

 米バージニア州で起こった白人至上主義者の集会での惨劇が、トランプ政権を揺るがす事態にまで発展している。市場では上昇中の株価を押し下げ、円高を誘発している。

 事態を決定的に悪化させたのは、日本時間16日の朝5時から行われたトランプ大統領の記者会見だった。大型インフラ投資促進のための規制を緩和する大統領令発表の場であったが、質疑応答は人種差別問題に対する大統領の対応に集中した。トランプ氏が記者の質問を遮りつつ、台本なしでほぼ一方的にまくしたてる展開となった。

 その過程で、白人至上主義者たちのなかにも良い人はいる、抗議者たちのなかには暴力的行動も見られる、と「けんか両成敗」的な発言をしたことが非難の火に油を注ぐ結果になった。前日には声明文を読み上げるかたちで、白人至上主義団体のクー・クラックス・クラン(KKK)やネオナチを名指して非難していたが、台本なしでは、感情の起伏が激しい大統領の本音があらわになってしまった。

 これを受け、大統領の助言機関における米大企業の最高経営責任者(CEO)たちの助言役の辞任が加速している。「良いネオナチなどいない」などの非難コメントが相次ぎ、助言機関からの集団退去のごとき様相となった。これを受け、トランプ大統領はついに助言機関の解散を宣言した。

 16日のニューヨーク市場も後場はこの話題でもちきりだった。米連邦公開市場委員会(FOMC)の議事録発表や北朝鮮リスクをしのぐかのようなインパクトである。

 金融界でもオピニオンリーダー的存在であるJPモルガン・チェースのダイモンCEOやブラックロックのフィンクCEOらが相次いで大統領批判の声明を発表するとともに、助言機関を脱退していた。

「人種差別問題に寛容な大統領」の側につけば、顧客や株主、そして従業員の反感を買う結果になりかねない。そもそも、CEO個人としての良識が問われる。

 共和党内でも、公然と大統領批判の声が上がり始めている。

 さらに政権内の反応も注目される。今のところ沈黙を保っているが、問題の記者会見に同席したコーン国家経済会議委員長は、パリ協定からの脱退に関しても異論を唱えていた。トランプ大統領の娘、イバンカさんと娘婿のクシュナー上級顧問の動きも現状では不明である。

 市場の視点では、期待してきた大型減税・大型インフラ投資などの経済政策が議会を通過する見込みはますます遠のいてきた。とはいえ、市場はトランプ大統領の経済政策の早期実現が難しいことをほぼ見切っていたので、そもそも期待度は低かった。今回の騒動に対しても、地政学的リスクのような突発的ショックの感覚は希薄だ。

 ただし、今後の展開次第では、トランプ政権最大の危機に発展する可能性は無視できない。医療保険制度改革法(オバマケア)の見直しは日常生活に直結する重大問題ゆえ、世論の関心も強かった。一方、人種差別に寛容な態度を示すことは、タブーに近い。トランプ氏は、そのパンドラの箱を開けてしまった。

 この事実は重い。政権支持率の更なる低下は避けられまい。市場への影響もズシリと重く、長く利くことになりそうだ。「問題の記者会見中継を滞在先で見て、ただならぬ予感がしたので、夏休みを切り上げ、仕事に戻った。ファミリーは不満だったが」と肩をすくめて話すヘッジファンド運用担当者の苦笑いが印象的だ。

 16日には7月のFOMC議事録公表という、これも大きなイベントがあった。今回のFOMCで資産圧縮時期を発表すべしとの意見もあったが、慎重論が上回り、「relatively soon(比較的近い時期に)」という表現に落ち着いた経過が議事録から読み取れる。結局、市場は「米連邦準備理事会(FRB)はハト派トーン強し」との解釈で、外為市場ではドル安・円高に転じた。

 このほか、人種差別問題も、もう一つの円高要因とされる。財政政策の実現が揺らげば、利上げの必要性も薄れる。トランプ政権支持率が更に低下すれば、リスクオフの円高さえ誘発しかねない。

 マーケットは、孤立するトランプ大統領の言動からますます目を離せなくなっている。

豊島逸夫(としま・いつお)
 豊島&アソシエイツ代表。一橋大学経済学部卒(国際経済専攻)。三菱銀行(現・三菱東京UFJ銀行)入行後、スイス銀行にて国際金融業務に配属され外国為替貴金属ディーラー。チューリヒ、NYでの豊富な相場体験とヘッジファンド・欧米年金などの幅広いネットワークをもとに、独立系の立場から自由に分かりやすく経済市場動向を説く。株式・債券・外為・商品を総合的にカバー。日経ヴェリタス「逸’s OK!」と日経マネー「豊島逸夫の世界経済の深層心理」を連載。
・公式サイト(www.toshimajibu.org)
・ブルームバーグ情報提供社コードGLD(Toshima&Associates)
・ツイッター@jefftoshima
・業務窓口はitsuo.toshima@toshimajibu.org

豊島逸夫が語り尽くす 金 為替 世界経済

出版 : 日経BP社
価格 :1026円(税込み)

日経電子版マネー「豊島逸夫の金のつぶやき」でおなじみの筆者による日経マネームック最新刊です。

豊島逸夫の金のつぶやきをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ