/

この記事は会員限定です

市場が織り込み探る「中印戦争リスク」

[有料会員限定]

インド通貨ルピーが今月上旬、連日のように下落した。米国と北朝鮮が挑発し合い、投資家がリスク回避へ動き、新興国通貨が売られた一環という側面が強いが、インドが中国との戦争に突入するリスクを警戒した売りも、ルピー安に拍車をかけたもようだ。

インド準備銀行(中央銀行)が発表する公示レートによると、為替相場は1ドル=64ルピー前後で推移し、年初来平均よりやや高い。だが8月4~11日の間は、6営業日連続で下落...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1358文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン