/

この記事は会員限定です

上昇続く金、米国のインフレ足踏みで資金流入

商品部 金尾久志

[有料会員限定]

金の国際価格が2ヵ月ぶりの高値圏で推移している。米国のインフレ率が足踏みを続ける中、金市場への資金流入が続いている。米朝関係の緊迫化など、地政学リスクの高まりも「安全資産」とされる金に投資マネーの流入を促している。

指標となるニューヨーク市場の金先物価格は、日本時間16日の時間外取引で1トロイオンス1270ドル台。7月上旬に比べて6%水準を切り上げた。

金相場上昇の背景には米国のインフレ率の低迷が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り597文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン