/

この記事は会員限定です

ネイマールのパリSG移籍が生む化学反応

編集委員 武智幸徳

[有料会員限定]

サッカーのブラジル代表FWネイマール(25)がフランス1部リーグのパリ・サンジェルマン(パリSG)で1得点1アシストという上々のデビューを果たした。この夏、サッカー移籍史上最高額の2億2200万ユーロ(約288億円)という移籍金(契約解除金)が積まれ、スペインのFCバルセロナからパリSGに新天地を求めたネイマール。「メッシ超え」という悲願?に向けて素晴らしいスタートを切ったようだ。

現地時間13日...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3274文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン