/

この記事は会員限定です

キヤノン版スマート農業、カメラとAIで成長度把握

[有料会員限定]

あらゆるモノがネットにつながる「IoT」や人工知能(AI)を活用した「スマート農業」が広がりつつある。キヤノンマーケティングジャパン(MJ)グループは得意とするカメラや画像解析技術を活用した、独自のスマート農業の仕組みをつくろうとしている。作物の成長度を推定し、収穫時期を予測する。人手不足や後継者問題に悩む生産者を支援する。

温度や湿度、二酸化炭素濃度、日射量――。スマート農業ではこれらのデータをセンサーで取得・分析し、作物が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1156文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン